55歳の母を虜にしたタイ古式マッサージ

年々腰痛がひどくなり、前ほど元気がなくなった母をタイ古式マッサージに連れて行きました。
私が何度かお世話になっているお店で、力の加減やstaffの対応もすごく好きで、以前行った際に腰痛持ちの母の話をしたら、痛みのある部分は避けながら楽になるようなお手伝いをしますというお返事を頂けたので、物は試しと思って2人分の予約をお願いです。

完全に全室個室になっているので周りや他の人を気にすることもないし、人に触れてもらうことで精神的な安心感とかも感じられるので(あくまでも私の感じ方という話ですが…、少し怖がる母を説得し無事連れ出すことに成功。

タイ古式は痛いというのは、もはや昔のイメージで、実際に痛いだけの場所はあまり見かけませんよね。
痛い=効いてるというのは間違った考えだと思ってます。

…というようなことを言いながら質問責めにしてくる母をなだめつつ到着し店内へ入ると、ここで本当にマッサージの?と母は大変驚いていました。
施術前に飲み物が出た時には、私<font color=”#ff3333″>が高いコースを予約</font>していてVIP待遇されているんだと思ったそうです。

施術が始まると、こわばっていた母もだんだんと安心するようになり、されるがままに気持ち良く、腰痛に良いストレッチを教えてもらいながら楽しい体験が出来たと、スッキリとした表情を見せてくれました。
「足先からすべてにおいてぽかぽかする。血行が良くなってる気がする。腰の痛みが軽くなってるから動きやすい。」
と言っていて、タイ古式マッサージのイメージがガラッと一新されたようです。

ただ、やはり60分で〇千円という値段は高いと感じるようで
「マッサージはすごく満足だから見合った値段です、自分で行きたいけど贅沢すぎる…」
と父に遠慮しているようでした。

せっかく外に出たがらなくなった母の元気を取り戻せたので、今度は父を連れて来てタイ古式マッサージの虜にしてあげようかと思います。
外には自分の知らない世界があるんだという楽しさに気付くキッカケにもなり、夫婦共通の趣味や話題へと繋がっていくのではないかと期待しています。

母は気付いていないようですが、父はなんだかんだ母に甘いのできっと2人仲良く通うことになると娘は達観していますが・・・(笑)

家族でお世話になるというのも少し恥ずかしいような気がしますが、タイ古式マッサージは老若男女問わずに癒しを感じられる素敵な場所だと思います。
良いお店に巡り合えて本当に良かったと感謝です。